人気ブログランキング |

かぎろい

夜明け前、東の空がオレンジや薄紫の色にそまって明るくなってきます。
これをかぎろいといいます。厳しく冷え込んだ晴れた日、ほんのわずかの時間の間に、
太陽光線が大気中の水蒸気に乱反射して起きるのだそうです。
うちでも見られるのでしょうか。気温が低くないと駄目かも知れません。
今朝は一段と冷えていて、でも寒くて窓から顔を出す事さえも出来ませんでした。

日が昇ってから、飼い犬を連れて散歩に出かけると、
西の空に十六夜の月が残ってました。今日は旧暦11月17日。
「ひむがしの のに かぎろいの たつみえて かえりみすれば つき かたぶきぬ」
1300年前の今日の朝、柿本人麻呂が軽の皇子のお供で狩りに出たときに読んだ歌です。
かぎろいは見えませんでしたが、人麻呂のきもちになって、
綺麗な朝の月をしばし見つめておりました。

散歩の合間に見た野鳥は、
寒いせいかヒヨドリが3羽だけでした。


人気blogランキングに投票
e0016894_1137578.jpg

by asa92bird | 2005-12-18 11:40 | 閑話休題 | Comments(0)
<< こんにちわ 今宵は十六夜(いざよい) >>