クロタネ草

職場の中庭で、咲き始めてからだいぶ時間がたっています。

キンポウゲ科の一年草で、一般には属名のニゲラでよばれます。

葉は羽状細裂する糸状葉で、5~6月に、茎上に径3~4cmの花を上向きに単生し、

白、桃、紫、青などの花色があります。

果実は大きく風船状に膨らみ、中に黒色の種子があり、この種子はメロン様の芳香があるそうです。

学名はNigella damascena L.で、ラテン語で黒いという意味だそうです。

英名は「ラブ イン ア ミスト(霧の中の恋人)」。
e0016894_1136459.jpg


e0016894_11362273.jpg


人気blogランキングに投票e0016894_1541078.gif
この記事を気に入って頂けましたら、是非左のバナーをクリックして下さい
[PR]
by asa92bird | 2011-06-01 11:36 | 花木 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://asa92bird.exblog.jp/tb/14877689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 夏子 at 2011-06-01 13:49 x
こんにちは。初めて見ました、この花。love in a mist
色っぽい名前ですね。割れて黒い種が出てくるときほのかなメロンの香りをただよわせ。。。
Commented by asa92 at 2011-06-02 09:43 x
夏子先生 おはようございます。

実はこの花、自宅にもありまして、花の札にニゲラと書いてありました。

施設の中庭のはクロタネソウと書いてあり、
よく似ているなっておもっていたのです。
で、詳しく聞くとニゲラと同じとのことでした。

花が咲いてから時間がたちましたので、
鮮やかさが少し落ちてしまいました。
<< 金糸梅 野鳥に夢中のasa92でした >>