2010年 11月 28日 ( 1 )

粟生の光明寺

お天気が良かったので、長岡京市の粟生の光明寺をたずねました。

法然を慕い帰依した、弟子の蓮生(れんせい:熊谷次郎直実)が、

建久9年(1198年)に、念仏三昧堂を建立したのが始まりです。

のちにここで法然の遺骸を荼毘に付し、廟堂が建てられました。

法然の石棺から、まばゆい光明が発せられ、四条天皇はそのことを聞いて、

光明寺の勅額をあたえたといわれています。

総門をくぐり、「女人坂」を登って、御影堂に。

参拝したあと「もみじの参道」へ、今が盛りの紅葉でした。

e0016894_16545825.jpg


e0016894_1774823.jpg


e0016894_1710432.jpg

[PR]
by asa92bird | 2010-11-28 16:55 | 季節 | Trackback | Comments(6)